プログラマのための資格の記事一覧

C言語プログラミング能力認定試験

C言語についての認定試験で最も知名度が高いのは株式会社サーティファイのC言語プログラミング能力認定試験です。株式会社サーティファイは現在の実力主義の世の中において、より実践的なスキルの基準となるべき…

プログラマにとっての基礎中の基礎のC言語

プログラマにとっては基礎中の基礎といわれるC言語、しかし最近では全くC言語に触れることなく、VisualBasicやJava言語からプログラミングの世界に入る方が殆どだと思います。 現在C言語がそのままの形で使用され…

プログラマにとってのシスコ技術者認定資格

プログラマの視点からみたシスコ技術者認定資格を分析してみましょう。 シスコ社とはルーターなどのネットワーク関連商品の販売・サービスを行っている会社です。ということでシスコ技術者認定は、完全なるベンダ…

プログラマとネットワーク技術資格

プログラマにとってネットワーク技術はどの程度必要なのでしょうか。確かに500以上のノードを含むような大規模なネットワークを構築する技術は必要ないかもしれません。 しかしサーバーがありデータベースと接続…

LPIC資格の種類

LPICの試験構成は以外に単純で明確です。 大きく分けるとレベル1(LPIC-1)、レベル2(LPIC-2)、レベル3(LPIC-3)の3つのレベルあり、レベル3はさらにLPIC-3 CoreとLPIC-3 Specialtyの2段階のレベルに別れ…

プログラマにとってのLPIC資格とは

特定の分野のプログラマにとってLinuxの知識・技術は絶対に必要です。当たり前のことですが、開発言語やツールなどの知識があっても、作成したアプリケーションを動作させる、OSの知識がなければ実際の業務を行う…

プログラマにとってのLinux

LPICについて述べる前に、プログラマにとってのLinuxとは、という事を考えてみます。まずはLinuxが誕生する過程をみてみましょう、Linuxの誕生などどうでもいい事と思われるるかもしれませんが、実は誕生、そして…

MCPの問題点と今後の動向

プログラマにとってマイクロソフト製品を全く使わずに業務を行うことは、ほぼ不可能であることから、マイクロソフト社が認定するMCP資格の価値は大きいです。ですが、まだいろいろな問題点もあります。 まずは、M…

プログラマが取得するべきMCP資格

プログラマがMCP資格を取得しようとマイクロソフトのサイトを見てみると、多種多様な試験が羅列されていて、一体どの資格を取得するべきなのか、一瞬戸惑ってしまします。 なぜならば、MCP資格とはIT技術そのもの…

プログラマにとってMCP資格とは

プログラマにとっては、好き嫌いはあるにせよマイクロソフトの製品を使わずに業務を行うことは不可能です。 .netやVisualBasicを避け、デルファイで作成したアプリケーションも最後にはWindowsXP上で動作させるこ…

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。